別 名
所在地 神奈川県足柄上郡山北町岸
築城者 河村秀清
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 農地・宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鎌倉時代の武将で河村秀高の四男として生まれた四郎秀清の屋敷跡とされる。文治5年(1189)の奥州征伐にまだ少年だった秀清は参戦し武功を挙げた。承久3年(1221)の承久の乱では北条氏に味方して宇治川の戦いに従軍して活躍している。
 前日からの雨はずっと降り続いている。河村城に登ったあとは河村一族の居館を訪ね歩いている。河村土佐屋敷には案内板があったが、そこから坂を下った細い路地にある河村秀清屋敷は石が積まれた区画の隅にいわくありげな石祠の台座があるだけだった。日本城郭大系に記されている土神と秋葉社の名残りがこれなのだろう。
JR御殿場線「東山北」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社
2017/10/16