別 名 新庄城・川西城・峯城
所在地 神奈川県足柄上郡山北町川西
築城者 北条氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 北条氏が武田氏の侵攻に備えて築いたという。境目を守る重要な任務を帯びた城であったが、天正18年(1590)に豊臣秀吉が小田原城を囲むと新城には徳川氏の軍勢が攻めかかり、遠山景政の手勢31人が討ち取られたという悲哀を感じる逸話が残る。
腰郭 曲輪跡 櫓台と案内板
堀切 石積み 新城からの眺望
 小田原市内の城廻りをしたときに友人と新城へ登った。案内板もあるし遺構もあることはあるが期待外れだった。城跡の大半は茶畑となり微妙な起伏も残らない。櫓台付近が辛うじて旧状を保っているように見えるが、石積はとても当時のものとは思えなかった。
 人里とは離れた山城であることが幸いしてある程度の遺構が残されてきた新城だが、新たな道路建設により破壊されることが決まり発掘調査が行われたところ、北条氏の城らしい見事な障子堀が姿を現した。せっかくの遺構も保存されることなく再び埋められて永遠に地上から消え去る運命となった。
JR御殿場線「谷峨」下車 富士急湘南バス「西丹沢自然教室」行で「川西橋」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・河村新城跡案内板
2011/04/02