別 名
所在地 神奈川県足柄上郡松田町庶子
築城者 松田義常
築城年 平安時代末期
廃城年 天正18年(1590)
現 状 農地
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 松田町指定史跡
評 価
 波多野氏の支流で平安時代から続く松田氏の居城である。松田城は松田氏代々の居城で末裔は北条早雲に仕え筆頭家老にまで登り詰めている。最後の城主となった松田憲秀は豊臣秀吉への徹底抗戦を主張したが内応が露見し戦後は秀吉に切腹を命じられた。
案内板 段郭 切岸
堀切 最高所の曲輪跡 松田城からの眺望
 松田城は戦国時代末期まで存続した城だが、東名高速道路の建設で大手が削られ全体的に遺構の状態は悪い。車で上がれるところまで上がると松田町指定史跡の案内板と標柱が設置されている。城跡は南に面して日当たりが良く尾根上はほとんどがミカン畑となっていた。高い満足感は得られなかったが、特筆したいのは遺構ではなく昔からの地名が残されていることで、庶子と惣領という鎌倉時代から続くような古い地名今も使われていることは素晴らしいことと思う。
小田急小田原線「新松田」下車 富士急湘南バス「中川温泉」行で「庶子」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社
2008/11/01