福島城
 
別 名 湯ノ背山城
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町湯本
築城者 北条氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 虎口
遠景 三の郭 土塁 三の郭 石積
二の郭 堀切 主郭 土塁 堀切
 
 湯坂城は行きたい城のひとつだった。規模や遺構にはあまり関心はなく、箱根を守る砦の雰囲気を味わいたいという気持ちに尽きた。塔ノ峰城への登頂はきつく真冬でも汗が滲んだ。下山してから汗が冷えて体温が奪われてきたので、湯坂城への登頂を開始した。
 北条氏が豊臣秀吉の軍勢に備えて築いたと考えられるが、それ以前に大森氏が小田原城主だった時代、湯坂道を抑えるためにここに城を築く必要があったと自分は思っている。豊臣軍はあっさりと山中城を落とし箱根を越えて餌に群がる蟻のように他方面から小田原城に迫っているが、湯坂城も占領されて名のある武将が陣城としたのだろう。箱根を守る城はどれも簡素なものばかりで中には城があったのかどうかも疑わしいものもあるが、湯坂城については遺構がしっかり残されているので訪れて損はない。
 山道はとても荒れている。これは旧東海道に敷かれた石畳が崩れたものだった。城跡は想像していたよりもかたちがよく残っている。眺望は利かないが、石積や堀切をじっくり見て歩き1時間程をここで過ごしている。帰りは箱根湯本駅からロマンスカーに乗った。中学2年の林間学校で乗車して以来なので懐かしい気持ちでいっぱいだった。
箱根登山鉄道「箱根湯本」下車 徒歩40分
2016/12/09 日本城郭大系/新人物往来社
神奈川中世城郭図鑑/戎光祥出版