福島城
 
別 名 鵜頚城
所在地 神奈川県南足柄市内山
築城者 大森氏
築城年 室町時代
廃城年 明応4年(1495)
現 状 内山発電所
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 春日山城と聞くと誰もが上杉謙信の居城を連想するだろうが、相模の春日山城は大森氏が築き室伏土佐守が守った城である。内山発電所の建設で遺構は消滅しているが、その地形は健在で航空写真を見ると要害ぶりが想像できる。三方を蛇行する酒匂川に守られ、西は巾着袋を紐で縛ったようにくびれている。
 はじめて訪れたのはもうとっぷりと日が暮れようとする時間だった。もしかすると堀切ぐらいはあるかもしれないと探しているうちに辺りは漆黒の闇となっていた。二度目は浜居場城へ訪れたときだった。西尾根にはまだ遺構が残っているように思えるが、発電所の敷地ということもあって立ち入ることはできない。遠目で見るだけ十分なので敢えて近寄ることもしなかった。
伊豆箱根鉄道大雄山線「大雄山」下車 富士急湘南バス・南部循環で「岩流瀬」下車 徒歩10分
2008/11/01・2014/04/29 日本城郭大系/新人物往来社
かながわの城/かもめ文庫