福島城
 
別 名 鴨沢要害・中村要害
所在地 神奈川県足柄上郡中井町鴨沢
築城者 三浦氏
築城年 永正年間(1504〜20)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀切
遠景 石碑
 
 この頃はよく冒険をしていた。あまり人が訪れていないような城を探し出して探るのが本当に楽しかった。こんなところに城なんてあるのかというような場所にまで出かけて行き、遺構の確認や地元の人から伝承を拾い集めたりしたものだった。
 鴨沢城もそんな思い出が残る城跡のひとつである。場所がわかりづらく少し迷ったが、台地上の古道を歩いているうちに城跡へ着き、藪をくぐると堀切が現れた。11月の寒い日だったが藪の中は蜘蛛の巣だらけだった。堀切でいきなりヤマカガシが気配を察して逃げていく。郭へ入ると今度は大きなシマヘビがいた。この前に立ち寄った岡津古久城ではジムグリと出会い、このあとに訪れた松田城はアオダイショウと邂逅している。早い話が本州に棲息する蛇のうちマムシとヒバカリ以外をすべて見たことになる。
 鴨沢城の遺構はお世辞にもたいしたものではなかった。東側の堀切まで訪れていないのですべては見ていないが、あまり明確ではなく面白味という点ではかなり低い。それでもこの頃はこういった城を訪ねるのが面白かった。ちょっとした地形の起伏を見ては喜んでいたものだ。僕も年齢を重ねたこともあり、この頃のような冒険はあまりしなくなった。
 
JR東海道本線「二宮」下車 神奈川中央交通バス「高尾」行で「下庭」下車 徒歩15分
 
2008/11/01 日本城郭大系/新人物往来社
戦国の堅城U/学研