福島城
 
別 名
所在地 神奈川県三浦市三崎町小網代
築城者 佐原盛時
築城年 宝治元年(1247)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 東大地震研究所
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 土塁
遠景 堀切
主郭 空堀 主郭 土塁 油壷
 
 三浦義同の辞世には無念さが込められて印象深い。今はヨットの停泊地として穏やかな姿を見せる油壷も、籠城戦で死んだ兵士の血が油のように波間を漂っていたのがその名の由来である。
 新井城は三浦氏によって築かれた城である。東側が地続きで関東大震災による土地の隆起が起こる前は引き橋で行き来していたという。この天然の要害を廻り三浦一族の内紛があり、戦国時代には北条早雲が三浦義同の拠る新井城を攻め落としている。その後も北条氏の水軍拠点のひとつとして使用され続け、北条氏の滅亡とともにその役割を終えている。もっとも戦国時代末期には三崎城が中心となっていたようだが、遺構の乏しい三崎城よりも新井城を散策するほうが楽しい。
 最初に新井城へ訪れた日はあいにくの天気だった。曇天から激しい雨となり満足のいく撮影はできなかった。城跡の中心部は東大地震研究所の敷地となっているため中へ入ることもできない。遊歩道沿いから見られる土塁と堀を歯噛みしながら眺めるだけだった。荒天にもかかわらず油壷湾は波も穏やかで西側にある入り江の透き通る水が綺麗だった。波打ち際には小さなクサフグがたくさん集まり産卵をしていたことをよく覚えている。
 あれから11年以上の歳月が流れた。新井城までは少し遠く感じて再訪することがなかったが、西武鉄道と東急電鉄が相互乗り入れを行うようになり所沢から横浜までは一本で結ばれた。城跡探訪とは別に一度乗ってみたかったのでこの機会に新井城へ再訪することにした。三崎口からバスを利用するのが少々不便だったが、久しぶりの新井城は晴天で真夏のような日差しだった。平日で人の少ない砂浜をのんびりと歩いて満ち足りた時間を過ごした。
京浜急行久里浜線「三崎口」下車 京急バス「油壺」行で終点下車 徒歩10分
2006/04/29・2017/09/21 日本城郭大系/新人物往来社
中世城郭事典/新人物往来社