福島城
 
別 名 宝蔵寺城・北条山城
所在地 神奈川県三浦市城山町
築城者 北条氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 三浦市役所
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
土塁 土塁 土塁
 
 中学時代の友人と鎌倉から三浦半島へ出かけた。少しわがままを言わせてもらい新井城と三崎城へ立ち寄っている。新井城で曇天だった空は三崎城へ着いたときに豪雨と変わった。そのために城跡の散策はほとんどできずに雨宿りと昼食を兼ねてレストランへ入った。
 北条氏が築いた水軍の拠点とされる三崎城だが、その築城は三浦氏の時代に遡るとも考えられている。戦国時代末期になると新井城よりも三崎城が地域の中心となっていたようで、北条氏滅亡後は徳川家康のもとで御船手奉行を務めた向井正綱が廃城となった三崎城跡に屋敷を与えられている。最近は新井城と三崎城をひとつの城と考える説が提起されているが距離に隔たりがあり無理があると言わざるを得ない。
 強い雨に見舞われたために三崎城の遺構はほとんど見ることができていない。もう少し天気の良い日に訪れてみたいが、自宅からは微妙に遠いので二の足を踏んでいる。遺構が断片的にしか残らないのも再訪を躊躇する理由となっている。わずかながらも遺構は残っているようなのでそのうちのんびりと歩いてみたい。
京浜急行久里浜線「三崎口」下車 京急バス「三崎東岡」行で終点下車 徒歩5分
2006/04/29 日本城郭大系/新人物往来社