福島城
 
別 名
所在地 神奈川県厚木市旭町
築城者 厚木掃部助
築城年 室町時代
廃城年 永享12年(1440)
現 状 智音寺
遺 構 空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
空堀
智音寺 現況 那須与一廟所
 
 この日は小雨が降っていた。そのため予定していた秦野市には行かずに厚木市内の城館を訪ね歩くことにした。皮肉なもので予定を変更したとたんに雨の勢いは少しずつ弱まり、気づけばもう止んでいた。損をした気分で早めに帰路に就いたが、これが正解で午後には広い範囲で激しい雨が降った。
 本厚木駅からそれほど遠くない場所に智音寺という寂れた寺がある。無住かどうかはわからないが寂しい雰囲気の寺だった。境内は墓地と農地が入り混じっている。小さな堂宇に那須与一の伝承が残る五輪塔がある。なぜここに与一の墓があるのかはわからないが調べても答えは出ないと思い散策を続けた。
 永禄12年(1440)の結城合戦で足利持氏の遺児を奉じて戦った厚木掃部助の館跡と伝わる。戦いに敗れた掃部助は討死し館は帰る主を失った。館跡にはわずかではあるが堀が残っており、一段低くなった畑に姿を変えている。 智音寺と本厚木駅との往復で急に左の足首が痛くなってきた。数日前に那須の烏山城を訪ねたときに痛めたのだが、故郷の匂いを感じた那須与一が何か問いかけてきたのかもしれない。本厚木駅へ歩く途中でそんなことを考えた。
小田急小田原線「本厚木」下車 徒歩10分
2018/01/17 日本城郭大系/新人物往来社