福島城
 
別 名
所在地 神奈川県厚木市愛名
築城者 跡部正次
築城年 天正18年(1590)
廃城年 慶長14年(1609)
現 状 諏訪神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
諏訪神社
 
 厚木市街から少し離れた場所に徳川家康の旗本跡部茂右衛門正次の屋敷跡がある。この辺りからは山々への入口といった土地である。屋敷跡は諏訪神社と妙昌寺が並ぶ高台とされるが遺構も案内板もない。跡部正次は甲斐武田氏の遺臣で徳川家康が甲斐を併呑したときに召し抱えられたという。後に松平忠輝付となり越後で知行を与えられたとも愛名の地で亡くなったともいう。残念ながら愛名の跡部家は絶えてしまったようで無縁墓となった跡部家の墓石が物悲しい。
小田急小田原線「愛甲石田」下車 神奈川中央バス「松蓮寺」行で「中愛名」下車 徒歩1分
2008/11/01 日本城郭大系/新人物往来社