別 名 実田城
所在地 神奈川県平塚市真田
築城者 佐奈田義忠
築城年 平安時代末期
廃城年 戦国時代
現 状 天徳寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 真田城は源頼朝に従い石橋山合戦で俣野景久に討ち取られた佐奈田与一義忠の居城とされる。義忠は岡崎義実の嫡男として生まれ大住郡真田郷を本拠地としたが真田城が義忠の居城だったのかはわからない。義忠討死後は岡崎実忠が城主となるが三浦党は和田義盛の乱で敗れたために真田城は廃城となった。室町時代の終わりに再興され大森藤頼が真田城を拠点として北条早雲と戦うが、天正2年(1574)に天徳寺が建立されているので戦国時代末期には再び廃城となっていたことがわかる。
土塁 空堀 空堀
 東海大学前駅から歩いて15分ほどで天徳寺に着いた。門前の錆びた看板には石橋山合戦の勇将の文字が躍る。訪れたときは発掘がされており空堀を見ることができた。残念ながら発掘後は埋め戻されて道路となってしまい現存する遺構は天徳寺の墓地にある土塁だけとなってしまった。おそらくもう行くこともないだろうから空堀を見ることができたのは幸運だった。
小田急小田原線「鶴巻温泉」下車 神奈川中央バス「東海大学」行で「真田神社」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2004/01/10