福島城
 
別 名 山下長者屋敷・住吉要害
所在地 神奈川県平塚市山下
築城者 山下氏
築城年
廃城年
現 状 宅地
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
土塁 土塁 水堀
 
 高麗山の北にある住宅地の中に山下館は今も土塁などを残していた。路地が入り組んでいるが八幡神社を目印にするとわかりやすい。宅地化により大部分の遺構は失われているが、最近まで良い状態で残っていた南の土塁が削り取られたのは残念だった。
 仇討で有名な曾我十郎祐成の妾となった虎御前が山下館で暮らしたという伝承がある。鎌倉時代にはそれなりに地位のある人物が居を構えていたものと思われるが、その起源は謎に包まれている。山下館は扇谷上杉氏との戦いで北条早雲が立て籠もった住吉要害に比定する説があり、今では主流となりつつあるが、単純に考えれば高麗山城を含めた一帯を早雲の反抗の拠点として考えたい。他に小田原城を攻める途中で上杉謙信が陣所として取り立てた記録があるので、当時の武将たちからすると山下館は陣所とするのに適した土地だったらしい。
 
JR東海道本線「平塚」下車 神奈川中央交通バス「湘南平」行で「下万田」下車 徒歩3分
 
2017/04/21 神奈川中世城郭図鑑/戎光祥出版
日本城郭大系/新人物往来社