福島城
 
別 名 懐島城
所在地 神奈川県茅ヶ崎市円蔵
築城者 懐島景義
築城年 鎌倉時代
廃城年 建保元年(1213)
現 状 神明大神宮
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 気動車が走る相模線に乗り北茅ヶ崎駅で下りた。歩いて15分もかからない神明大神宮に大庭平太景義の像と懐島館の石碑があった。土塁跡という碑もあったが、遺構はもう消滅しているようだった。大庭景義はここに居館を構えて懐島氏を名乗っている。
 源頼朝が挙兵すると兄の景義は頼朝につき、弟の景親と俣野景久は平氏に味方した。頼朝が鎌倉幕府を開いたとき、景義はすでに老境に差し掛かっていたらしい。頼朝は義経を匿う奥州藤原氏の討伐を決意したが帝の勅許を得ていないことを気にしていた。そこで景義が藤原氏はあなたの家臣なのだから帝の勅許を得る必要などないと頼朝に出陣を促した。長老たる景義の言葉に頼朝は安堵し、褒美として馬を与えて感謝したという。歴戦の古豪景義の面目躍如たる場面だと思う。
 
JR相模線「北茅ヶ崎」下車 徒歩15分
 
2005/01/03 日本城郭大系/新人物往来社