福島城
 
別 名 築井城
所在地 神奈川県相模原市緑区根小屋
築城者 津久井爲行
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 津久井湖城山公園
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
家老屋敷 石積
遠景 鷹射場 堀切と土橋
竪堀 飯綱曲輪 樹齢9百年の大杉
宝ヶ池 堀切 太鼓曲輪 堀切
主曲輪 主曲輪 土塁 眺望
 
 関東地方では知られた山城で適度な山登りを楽しめるハイキングコースとなっている。橋本駅からはかなり距離があるがバスの本数が多いので訪れやすい。遺構もよく残っているし訪れて楽しい山城だと思う。
 津久井城は鎌倉時代に三浦党津久井氏によって築かれたと伝わるが三浦半島の先端を地盤としていた三浦氏の一族が甲斐との国境に近い山間部に山城を築いたと考えるのは無理がある。はっきりと歴史に登場するのは北条氏配下で津久井衆の筆頭だった内藤氏が居城とした時代である。三増峠の戦いでは武田軍の加藤丹後守に牽制され内藤氏は津久井城で釘づけにされ、豊臣秀吉が小田原城を囲むと津久井城は徳川家康の家臣平岩親吉に攻め落とされ、その真価を発揮することなく廃城となった。
 僕は雨男だが津久井城へ行くときだけはいつも晴天に恵まれている。春先の晴れた日ばかりで麓から尾根へ着くといつも汗だくになった。自然がよく残る山で野草やチョウの種類が多くて楽しい。僕がもう少し植物に詳しければもっと楽しめると思うのだが、数が多い上にどれもよく似ているのでなかなか覚えられない。たいていは東側の尾根へ出て西へと縦走する。飯綱曲輪付近にあった樹齢9百年を誇った大杉は残念ながら落雷で焼け落ちてしまったが、僕は焼失前の神々しい勇姿を見ることができた。眺望も含めて見どころの多い城だが個人的には家老屋敷の石積が印象に残っている。訪れる人も少ない鷹射場からの眺望も良い。遮るものがない景色はとても爽快な気持ちになれる。
JR横浜線・相模線・京王電鉄相模原線「橋本」下車 
神奈川中央バス「三ヶ木」行で「展望台」下車 徒歩40分
2008/04/16・2012/05/14 日本城郭大系/新人物往来社
関東の名城を歩く/吉川弘文館