福島城
 
別 名 尾崎城・菅井城
所在地 神奈川県相模原市緑区牧野
築城者 尾崎掃部助
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭
遠景 三の郭 堀切 二の郭
主郭 眺望 ギフチョウ
 
 とても遠い城だった。その存在は昔から知っていたが、当時はWebサイトでも取り上げている人は少なく情報が乏しい城だった。場所の特定ができても交通手段がないことと遺構が今ひとつということもあり訪れることがなかったが、久しぶりに藤野のやまなみ温泉へ行きたくなったのと春先にしか見られないギフチョウを見てみたいという思いが募り、遠いことは承知の上で伏馬田城を訪ねることにした。
 藤野駅からやまなみ温泉まではバスがあるが、その先は実質的に徒歩しかない。ここまで来ると車もそれほど走っておらず、春の訪れを楽しみながら歩くのは楽しい時間となった。どれぐらい歩いたのかは覚えていないが、いつの間にか尾崎集落に着いていた。
 津久井城は北条氏が組織した津久井衆の拠点であり、その周辺には多くの支城と烽火台が築かれた。伏馬田城もそのひとつで土豪の尾崎掃部助がこの小さな砦を構えて武田氏の侵攻に備えていた。実際に天文5年(1536)には武田氏配下の小林刑部左衛門が伏馬田城下に攻め込み蓮真坊寺を焼き討ちしたという記録が残っている。このときに武田軍が足弱百人計御取候という興味深い記述がある。案内板では足軽百人を討ち取ったと解説しているが、足弱というのは女子供や老人といった非戦闘員のことであり逃げ遅れた村人たちを捕虜とし甲斐へ連行して奴隷として売り捌いていたのが事実だろう。年代的には甲斐国内を統一した武田信虎の時代であり、軍勢を率いていたのは富士吉田を支配していた小林氏だと思われる。
 地元では尾崎城と呼ばれているらしい。意外なことに案内板があり城跡のパンフレットまで置かれていた。集落の突き当りに数軒の家があり城への道標に従い山道へ入る。この時点で8合目ぐらいまで来ているので伏馬田城へは傾斜の少ない山道を10分ほどで着いた。確かに遺構は風化しており堀切もほとんど埋もれていたが、ここからの眺望は優れていた。送電線がないので戦国時代に見張りについていた兵士たちが眺めたのと同じ景色なのだろうと思った。
 おにぎりを食べて少し休息をしてから下山した。家を出るときに「今日はギフチョウを見てくるよ」と家内に言って出かけた。半ば冗談というか簡単にお目にかかれるとは思っていなかった。この日は少し風があったので難しいと思っていたが、伏馬田城から下り尾崎集落へ戻る途中で運よくガードレールにとまるギフチョウに出会えた。まさか見られるとは思っていなかった春の女神との出会いはとても嬉しかった。
JR中央本線「藤野」下車 神奈川交通バス「奥牧野」行で「やまなみ温泉」下車 徒歩1時間30分
2016/04/12 神奈川中世城郭図鑑/戎光祥出版
伏馬田城跡案内板
熊出没注意