福島城
 
別 名 ドンドン屋敷
所在地 神奈川県相模原市緑区日連
築城者 守屋行広
築城年 慶長13年(1608)
廃城年
現 状 さがみ湖畔浄苑管理事務所
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
青蓮寺
 
 津久井城が廃城となったあと、江戸時代初期に津久井の代官を務めたのは守屋行広と行昌父子でどちらも左大夫と名乗っている。津久井城の南麓にある観光案内所は行昌が陣屋を置いた場所で、戦国時代までは津久井城主内藤氏の居館があった。一方で父親の行広は相模川が相模湖に流れ込む日連の集落に屋敷を構えていた。守屋氏は津久井衆の中でも大身であり、北条氏が滅ぶと徳川家康に召し抱えられて土地の管理者を任されている。
 屋敷跡は青蓮寺と相模湖自動車教習所の中間あたりで今はさがみ湖畔浄苑管理事務所となっている。日本城郭大系は教習所のあたりを指しているが、痕跡もなければ子孫の邸宅も既になく確かめようもない。青蓮寺に守屋左大夫の案内板が設置されていたが退色が著しくてよく読めなかった。本堂の裏に古い墓が並んでいたが、その中に左大夫の墓があったのかもしれない。
 
JR中央本線「藤野」下車 徒歩25分
 
2017/11/01 日本城郭大系/新人物往来社