福島城
 
別 名
所在地 神奈川県相模原市緑区寸沢嵐
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 土塁
遠景 横堀 横堀
二の郭 虎口 二の郭 北郭
 
 相模湖駅からバスに乗り寸沢嵐のバス停で降りて歩いた。相模湖周辺は交通量が多く道が狭くて嫌いだが、寸沢嵐バス停から上ノ山城までの道は車が少なく広々としていた。山々が黄色く色づきはじめた頃で目にも優しい風景だった。
 旧津久井郡の城は津久井城を除けばほとんど遺構がない城ばかりだが、上ノ山城は遺構がはっきりとわかり城としてのまとまりを感じた。土塁と虎口が明確に残り、美しい横堀まで残されている。歴史は不明だが戦国時代には北条氏の家臣野呂左京亮の知行地だった。上ノ山城の東麓に今も末裔が暮らしているので城主は野呂氏と考えて間違いなさそうだと思う。
 
JR中央本線「相模湖」下車 神奈川中央交通バス「三ヶ木」行で「寸沢嵐」下車 徒歩30分
 
2015/11/05 日本城郭大系/新人物往来社
神奈川中世城郭図鑑/戎光祥出版