福島城
 
別 名
所在地 神奈川県相模原市緑区若柳
築城者 北条氏
築城年 戦国時代
廃城年 戦国時代
現 状 山林
遺 構 郭・石積
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景 石積 眺望
 
 子どもの頃に何度も遊びに来た相模湖を見下ろす標高406メートルの嵐山は戦国時代に烽火台が置かれていたという。嵐山の山頂にある案内板を読むと昔は嵐山が間山と呼ばれていたと書かれていた。そうなると遊園地の中にある間山城峰烽火台の存在が宙に浮くが、どちらも烽火台が置かれていたと考えておきたい。
 相模湖駅から嵐山への登山道までは20分ほどかかった。相模湖駅や藤野駅周辺に共通するのはとにかく交通量が多い。車とすれ違わない時間がないぐらいに感じる。一見すると風景の美しさから空気も澄んでいるように見えるが、実際は排気ガスの臭いしかしない。大型トラックが多く普通車も猛スピードで通り抜ける。
 登山道へ入るとほっとするが急な山道を30分ほど登らねばならない。いくつかの平場があり、石が積まれたり枡形虎口が設けられたような空間が見られる。烽火台としての機能は十分で遠くまで見渡すことができる。なぜか夏に訪れてしまって今も後悔しているが、冬の樹木が枯れた季節ならなお一層の風景を楽しめると思う。
 
JR中央本線「相模湖」下車 徒歩1時間
 
2008/09/26・2012/07/17 関東の城/小学館