別 名
所在地 神奈川県愛甲郡愛川町角田
築城者 金子掃部助
築城年 文明9年(1477)
廃城年 戦国時代
現 状 農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 長尾景春が挙兵したときに呼応したのが小沢城に籠った金子掃部助だった。苗字からすると坂東武者の末裔かもしれない。景春の影響力は僕の想像を上回るものがあり武蔵のみならず相模にもその与党が多くいたことが意外に思えた。それらのほとんどは名将太田道灌の八面六臂に亘る活躍で攻め滅ぼされている。
小沢城 案内板 出丸跡
空堀 帯曲輪 城址の石仏
主郭跡 主郭跡の土塁 小沢城からの眺望
 小沢城跡は知名度があるので前々から行きたかった。行きづらい場所にあるために二の足を踏んでいたが、友人と厚木市の城を訪ねたときの往路で訪れることができた。小沢古城はほとんど地形しか残っていなかったが小沢城は土塁も残り楽しむことができた。
JR相模線「上溝」下車 神奈川中央バス「半原」行で「小沢」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2008/11/01