福島城
 
別 名 上矢部城
所在地 神奈川県相模原市中央区上矢部
築城者 矢部義兼
築城年 鎌倉時代
廃城年 建保元年(1213)
現 状 宅地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 この頃は神奈川県の城館探訪に夢中となっていた。何かに憑りつかれたように横浜線や相模線に乗り、目立つ遺構も残らないような城館ばかりを飽きもせずに訪ねていたものだった。逆に何もないから楽だったのかもしれない。
 矢部駅から北へ伸びる道を歩くと上矢部の交差点の片隅に崩れかけた土塁があった。錆びた案内板が歴史の風化を感じさせる。矢部氏は和田義盛の乱で滅んだが、上杉禅秀の乱に矢部伊予守が参戦しているので命脈は保たれていたらしい。館跡に着いたのは夕暮れ間近で、このあとは淵野辺義博居館跡の石碑を探して歩いたがとっぷりと日が暮れてしまいあきらめている。
 
JR横浜線「矢部」下車 徒歩20分
 
2003/09/19 日本城郭大系/新人物往来社
矢部氏館跡案内板