別 名 宝泉寺城・松風城
所在地 神奈川県相模原市緑区川尻
築城者 長井大膳太夫
築城年 室町時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小松城は長井氏の居城である片倉城の支城とされており長井大膳太夫が城主であったという。戦国時代に北条氏が支配した時代における小松城の状況については何も伝えられていない。
小松城と宝泉寺 城址碑 二の郭跡
堀切 主郭跡 主郭跡の切岸
二の郭跡と主郭跡 堀切 西尾根の曲輪跡
 小松城へは津久井城へ訪れた帰りに二度立ち寄っているが、小規模ながらも堀切が連なる丘陵城郭で好印象を持っている。登るのに時間もかからない低い丘の上にこんなに執拗に堀切を入れたのがとても不思議に思った。谷戸式城郭の典型とされるが谷戸の真ん中にある寺が立派すぎるのと墓地の拡張がその景観を損なっている。
JR横浜線・相模線・京王電鉄相模原線「橋本」下車 神奈川中央バス「大戸」行で「小松橋」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・小松城跡案内板
2008/04/16