福島城
 
別 名 一之宮城
所在地 神奈川県高座郡寒川町一之宮
築城者 梶原景時
築城年 平安時代末期
廃城年 正治2年(1200)
現 状 天満宮
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 悪名高い梶原景時の館を見たくなり相模線に乗った。小さな天満宮の境内に不釣り合いな立派な石碑と案内板が並んでいた。遺構は土塁と空堀の痕跡ぐらいになっているが、土塁は見落としてしまい堀跡の段差しか見ていない。鎌倉時代そのままというわけではなく、その後も陣所として利用されていたらしい。
 梶原景時は吉良上野介や平清盛と並ぶ日本史上屈指の悪役として描かれている。上野介と清盛はまったく逆で善政を布いたとか、心優しい逸話も伝わるが、景時はあまり聞かない。景時が死んでいちばん得をしたのは北条氏だと思う。景時は権力の移り変わりの犠牲者といえるのではないかと思う。
 
JR相模線「寒川」下車 徒歩15分
 
2005/01/03 日本城郭大系/新人物往来社
梶原景時館跡案内板