福島城
 
別 名 旗立山城
所在地 神奈川県三浦郡葉山町堀内
築城者 三浦氏
築城年 平安時代末期
廃城年 永正9年(1512)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 葉山町指定史跡
備 考
評 価
主郭
 
 葉山マリーナの東にある小さな丘が鐙摺城だった。こんなに小さな丘で果たして城としての機能を果たせるのかと心配になるぐらいに可愛らしい城だった。当時は葉山マリーナはなく鐙摺城の真下まで海岸線が迫り、そこに旧道が通っていたというから城を築く必要性があったということだろう。
 よく晴れた日でとても暑かったことを覚えている。ただ、目の前は海だから爽快感はあった。登っても小さな主郭があるだけで隅に土塁が残されていた。草むらに古びた供養塔があったが伊東祐親の供養塔と伝えられる。城跡から眺める海が綺麗だった。
 
JR横須賀線「逗子」下車 京急バス元町循環で「鐙摺」下車 徒歩5分
 
2004/09/19 日本城郭大系/新人物往来社
鐙摺城跡案内板