福島城
 
別 名
所在地 神奈川県三浦郡葉山町長柄
築城者 長柄義景
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
やぐら
 
 福巖寺の奥にある谷戸は殿ヶ谷と呼ばれ、鎌倉党の長柄太郎義景が居館を構えたという。義景は三浦党と姻戚を結んでおり、実質的に三浦党の一員として差し支えないだろう。石橋山の戦いで源頼朝が敗れたとき、義景は平氏の攻撃に備えて衣笠城を守っていた。気持ち良いぐらいの谷戸だが遺構はない。岩盤をくり抜いたやぐらが館跡の面影を残していた。
 
JR横須賀線「逗子」下車 京急バス元町循環で「長柄橋」下車 徒歩20分
 
2004/09/19 日本城郭大系/新人物往来社