別 名 和田義盛館
所在地 神奈川県三浦市初声町和田
築城者 和田義盛
築城年 平安時代末期
廃城年 建暦3年(1213)
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 杉本義宗の子として生まれた義盛は畠山重忠と並び絵に描いたような鎌倉武士の生き様を見せてくれた武将である。北条氏の謀略により誅殺された最期も重忠と重なる。鎌倉幕府創業の功臣であり最初の侍所別当に任じられたまでが義盛の人生における絶頂期だった。直情径行で一本気な性格は北条氏による粛清にうってつけであり、卑劣とも言えるやり方で一族もろとも追い詰められて和田の乱に発展する。
 源頼朝の挙兵で功を挙げた三浦党和田義盛の居城という。城というよりは館というべきだろう。遺構はないが肥沃で広大な農地が広がる風景を見ると少しだけ往時が偲ばれる。居館を築いた理由がわかるような光景だった。
 義盛の育った和田集落は遠かった。三浦半島も先端へ行けば行くほどバスに頼らざるを得なくなる。本数は枯渇しているほどではないものの潤沢とも言えない。まだ残暑が残る季節に停留所でバスを待つ時間は長く感じた。鎌倉時代という途方もない時の彼方にある居館跡は石碑と案内板が建つのみだったが、兵と馬を養うには理想的とも言える広々とした風景が今も印象に残っている。
京浜急行久里浜線「三崎口」下車 京急バス「ソレイユの丘」行で「和田」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・相模のもののふたち/有隣新書
2004/09/13