福島城
 
別 名
所在地 神奈川県鎌倉市雪ノ下
築城者 土佐坊昌俊
築城年 鎌倉時代
廃城年 文治元年(1185)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 小学生の頃に平治の乱を描いた本を読んだ。印象に残っているのは源朝長が父義朝に首を授ける場面と最後まで義朝に付き従った渋谷金王丸が涙を拭いて別れを告げる場面だった。
 土佐坊昌俊は渋谷金王丸の出家後の法名という。東京都渋谷区に金王丸を祀る金王八幡神社があり、埼玉県の児玉郡にもなぜか金王丸の墓がある。どれが真実なのかわからないが、この二人が同一人物であるという確証は得られていない。昌俊は源頼朝の命を受けて83騎の手勢を率いて上洛し源義経の襲撃に向かうが佐藤忠信らに撃退された。鞍馬山の僧兵に捕縛され六条河原で斬られたという。異説として義経は父義朝に最後まで従った昌俊を殺すことができず逃がしたともいう。法体の老武者の正体は今も掴めない。
 
JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」下車 徒歩20分
 
2004/08/13 土佐坊昌俊邸跡碑文