福島城
 
別 名
所在地 神奈川県鎌倉市大町
築城者 比企能員
築城年 鎌倉時代
廃城年 建仁3年(1203)
現 状 妙本寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 鎌倉駅の東、滑川に架かる夷堂橋を渡った道の突き当たりにある妙本寺は比企ヶ谷と呼ばれた比企氏の屋敷跡という。境内に比企一族の墓と比企の乱で殺された源頼家の子一幡の小袖を埋めた袖塚があった。
 比企掃部允の妻が源頼朝の乳母となったことが源氏との関係を深めることとなった。能員は比企氏に養子として入ったらしい。後に上野と信濃の守護となり頼朝の上洛にも従うなど信任が厚かった。頼家が将軍となり比企一族の威勢は大きくなったが、北条時政の策謀で能員は殺され一族は頼家の子一幡を擁して合戦に及ぶが、北条氏と三浦氏の大軍に攻められ滅亡した。
 
JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」下車
屋敷跡までは徒歩15分
 
2004/08/13 神奈川県の歴史散歩/山川出版社
武蔵武士/まつやま書房