福島城
 
別 名
所在地 神奈川県鎌倉市二階堂
築城者 杉本義宗
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 杉本寺
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
杉本寺
 
 三浦義明の長男杉本太郎義宗が築いた城で、鎌倉の東を通う六浦道を抑える要衝だった。確かに低い丘陵ながら眺望は素晴らしい。杉本寺の苔むした石段は見る者の心を清らかにしてくれる。杉本寺の裏に主郭があるが私有地のため見ることはできない。東に連なる丘陵上の熊野神社から鎌足稲荷神社あたりまで鎌倉の防御線が構築されていたらしい。
 暑い最中に杉本寺へ訪れた。境内は古めかしくて好きな雰囲気だった。案内板には鎌倉最古の寺社ということが書かれていたが、杉本城については何も書かれていない。苔むした石段は通行禁止となっている。迂回路を使って本堂まで行けるが、そこから先は入れない。城跡としては消化不良気味だったが、鎌倉駅や鶴岡八幡宮あたりの喧噪とは無縁の静かな場所だった。
 
JR横須賀線「鎌倉」下車 京浜急行バス「金沢八景」行で「杉本観音」下車 徒歩2分
 
2004/08/13 日本城郭大系/新人物往来社