福島城
 
別 名
所在地 神奈川県横須賀市衣笠町
築城者 三浦為通
築城年 平安時代末期
廃城年 宝治元年(1247)
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 横須賀市指定史跡
備 考
評 価
主郭
 
 源頼朝が挙兵したときにもっとも頼りとしたのは三浦義明率いる三浦党であったろう。安達盛長が平氏追討を決意した頼朝の御教書を携えて衣笠城を訪れたとき、義明は手を洗い口を濯いで御教書を押し頂き、はらはらと涙を流して挙兵を喜んだという。このとき義明は既に90歳近い老人だった。
 源平合戦の中でも語られることの多い衣笠城だが遺構はほとんど残っていない。平安時代末期の城だからその地形が頼りのはずで、堀切や高い土塁を必要としなかったのだろう。とにかくこの頃の自分の目では何も見つけることはできなかった。衣笠城へ訪れたのも遠い遠い昔のことになってしまった。三浦大介義明のことを思い返しながらまた訪ねてみたい。
 
JR横須賀線「横須賀」下車 小京急バス「大楠芦名口」行で「衣笠城址」下車 徒歩20分
 
2002/10/01 日本城郭大系/新人物往来社