福島城
 
別 名 金子城
所在地 神奈川県横浜市港北区篠原町
築城者 金子出雲守
築城年 戦国時代
廃城年 戦国時代
現 状 山林・宅地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 横堀
主郭 土塁 主郭 虎口 主郭 横堀
二の郭 空堀 二の郭 空堀 腰郭
 
 開発の著しい新横浜駅近くにあって篠原城は最近まで奇跡的に残っていた。新幹線と横浜線に挟まれて麓までびっしりと宅地が建ち並ぶ丘陵に中世城郭が残存している姿は本当に奇跡と言うしかなかった。その篠原城もとうとう破壊される日が訪れた。発掘調査の現地説明会が開かれると聞き友人と訪れてみた。実際には二の郭が宅地化に先立ち発掘された状態で主郭はほとんど手つかずのまま残っていた。人がたくさん集まっている説明会の現場よりも誰も見向きもしない主郭のほうが見応えがあった。藪に覆われているために一般の人たちはこれが城跡と思っていない様子で通り過ぎている。
 篠原城が築かれた時代ははっきりしていないが、戦国時代には北条氏に仕えた金子出雲守が篠原城を居城としていたという。小机衆に組み入れられていたと思うが事跡については伝わらない。おそらく武蔵金子氏に繋がる人だとは思うが墓所なども自分には見つけることができなかった。
 説明会ともなると篠原城のような無名の城跡にも多くの人が集まる。ほとんどは地元に城があったのかという気分で訪れているのだろう。そう気づいたときにはもう城跡は消えゆく運命をたどっているのは皮肉なものだと思う。
JR新幹線・横浜線・ブルーライン「新横浜」下車 徒歩15分
2011/01/29 神奈川中世城郭図鑑/戎光祥出版
日本城郭全集/人物往来社