福島城
 
別 名 飯田城
所在地 神奈川県横浜市港北区小机町
築城者
築城年
廃城年 天正18年(1690)
現 状 小机城址市民の森公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考 続日本100名城
評 価
二の郭 空堀
遠景 主郭 空堀 主郭 虎口
主郭南側の郭 二の郭 土塁 二の郭 空堀
二の郭 空堀 二の郭 空堀 二の郭 土橋
 
 はじめて小机城を訪れたのは高校2年のときで級友と一緒だった。中世の城跡だから何もないし一人で行くからと言っても聞かない。言い出したら聞かない性格だったので仕方なく連れていった。卒業してからは一度も会っていない。できることなら再会してこの日のことを覚えているか聞いてみたい。
 横浜市内では屈指の遺構を持ち知名度もある城跡だが歴史はあまりよくわからない。古くは小机氏という土豪がいたともされているが、時代背景などはわからず長尾景春の与党を太田道灌が掃討する戦いで歴史に登場する。横浜線の南側にも丘陵があり古城と呼ばれているが、これが室町時代以前の小机城なのかもしれない。もっとも明確な遺構は残されていないようだった。北条氏が版図を広げると小机衆が組織され北条氏の一門が城主に据えられている。
 第三京浜道路が城跡を分断しているのが残念だが、主要部がよく残る貴重な城跡だと思う。これだけ見事な城もなぜか史跡指定を受けていないが、神奈川県の文化財保護に対する意識は残念ながら遅れていると言わざるを得ない。それでも小机城は歴史と自然景観が評価されて今も変わらないまま保存されている。久しぶりに訪れたのは会社帰りのことだった。春の日だったが堀底にはもう藪蚊がいた。久しぶりに見る主郭の冠木門がとても懐かしく感じた。一緒に訪れた高校の級友とはもう会うこともないだろうが、あの日のことは今もこれからも忘れることがないと思う。
JR横浜線「小机」下車 徒歩15分
2008/04/28 日本城郭大系/新人物往来社
関東の名城を歩く/吉川弘文館