別 名 安達義景別荘
所在地 神奈川県横浜市鶴見区鶴見
築城者 鶴見氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 総持寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 日本城郭大系では安達義景別荘という優雅な名称で紹介されている。その別邸が置かれが安達氏の郎党鶴見平次の館だったのかもしれない。鎌倉幕府がいよいよ瓦解の時を迎えた元弘3年(1333)に金沢貞将と千葉貞胤が鶴見で争い、建武2年(1335)にも鶴見原合戦と呼ばれる戦いが起きている。
 総持寺のある台地付近が館跡らしいが遺構もなく案内板もない。城館跡としては何も得られるものがなかったが総持寺の大伽藍は見事で目を奪われた。
JR京浜東北線「鶴見」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・日本城郭全集/人物往来社
2005/06/18