別 名 御園城
所在地 神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷
築城者 小田切光猶
築城年 慶長年間(1596〜1615)
廃城年
現 状 みその公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 殿山とも呼ばれる獅子ヶ谷城は戦国時代に小田切美作守の居城だったというが、それ以前の詳しい歴史はわからない。江戸時代初期に横溝氏の祖先が麓に屋敷を構えて現在へ至っている。
曲輪跡 空堀 土塁
 横浜市内の城跡を訪ね歩くことに熱中していた頃に獅子ヶ谷城も訪れている。麓には古民家の姿を伝える横溝家の屋敷があるが、このときは存在を知らずに城跡のある裏山に直接登っているので屋敷のほうは見ていない。城跡は公園となっており容易に登ることができた。
 一般的にはあまり知られていない城だが意外と城跡らしさを感じながら散策したことを覚えている。丘の上には平場があり土塁らしい地形や堀底道も残っている。
東急東横線「大倉山」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・多摩丘陵の古城址/有峰書店新社
2002/01/29