別 名
所在地 神奈川県鎌倉市雪ノ下
築城者 源頼朝
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 宅地・山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鎌倉城という言葉は九条兼実の日記に登場する。その言葉が一人歩きしてしまったようだが、源頼朝が鎌倉に幕府を開いたのも目の前に海が広がり、背後は山々に囲まれた地形を要害と見立てたことが理由であり、平安京や平城京と同じ都城として良いと思う。
 外から鎌倉へ入る道は平場や切通しに守られ堀や土塁がなくても市街全体を囲む地形を土塁の代わりにしている。それは戦国時代の京都の御土居や小田原城の総構と変わらない。これを否定するのは木を見て森を見ずだろう。
段葛 大銀杏 関取場跡
滑川 文覚上人屋敷跡 東勝寺跡の腹切りやぐら
 古都鎌倉は有名な観光地であり人が多すぎて好きではない。真夏に訪れたが暑さも厳しい街である。段蔓を歩いているときもセミの声がやたらと響いていた。市街地から離れて人も少ない東勝寺の腹切りやぐらを訪ねたときだけはひんやりした空気に包まれていた。人ごみに辟易するとはいってもあちこちに史跡があるのは楽しい。この先もおそらく何度か行くこともあると思うが史跡をすべて見ることはできないだろう。
 もう少し周辺の自然を大切にしていれば世界文化遺産登録もされたのだろうが鎌倉市は無神経な開発ばかりしている。そういうことに気づかないから富岡製糸工場に後れをとったように思う。
JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉」下車 徒歩15分
中世城郭事典/新人物往来社
2004/08/13