福島城
 
別 名
所在地 神奈川県川崎市高津区下作延
築城者 稲毛重成
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 緑ヶ丘霊園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 久しぶりに作延城を訪ねることになった。この日は菅寺尾城や桝形城など15年以上も前に訪ねた城の再訪ばかりとなった。当初は作延城に行くつもりはなかったが、せっかく近くまで来ているのと前回は石碑を見つけることができなかったので立ち寄ることにした。城跡は丘ごと緑ヶ丘霊園の造成で痕跡を留めていない。
 伝承では鎌倉時代の武将稲毛三郎重成が築いたことを伝えている。重成は居館の裏山に桝形城を築き支城として作延城を築いたという。言うなれば領内を支配するための拠点のひとつであるが、江戸時代にはもう遺構は失われており今は正確な場所さえはっきりしない。新編武蔵国風土記が編纂された頃には天守台と呼ばれていたというので鎌倉時代の築城というのも疑ってかかる必要がある。
 南武線の津田山駅からは近いので訪問は容易だが、霊園の敷地が広いため前述したように石碑と案内板を見つけることができなかったが、今は石碑までの道標が充実している。この石碑を目当てに訪れる人がそれだけ増えているのだろう。遺構は失われても石碑や案内板のひとつでもあると城跡の持つ意味合いの重さが増してくる。
JR南武線「津田山」下車 徒歩5分
2002/12/15・2019/04/15 日本城郭大系/新人物往来社