福島城
 
別 名
所在地 神奈川県川崎市多摩区枡形
築城者 稲毛重成
築城年 平安時代末期
廃城年 元久2年(1205)
現 状 廣福寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
稲毛三郎重成墓
 
 菅寺尾城のささやかな遺構を楽しんだあとは桝形山城へと歩いた。その途中にある廣福寺にも久しぶりに立ち寄り稲毛三郎重成の墓を訪ねてみる。境内は重成の居館跡で門の脇にはそれを示す看板がぶら下がっている。重成は坂東平氏秩父党の出身である。源頼朝が挙兵すると平家の郎党だった重成は敵対するが、後に従兄弟の畠山重忠らと帰服している。北条政子の妹を妻に娶り頼朝の信任も厚かったが、頼朝亡きあとは北条時政の陰謀により一族もろとも殺害された。
 廣福寺の境内はそれほど広くはないが、ここから桝形山城へ連なる台地の先端にある。鎌倉時代の館跡なので遺構は残っていないが、境内の西側にある竹林にそこそこの広さを持つ平場があり雰囲気は感じさせてくれる。境内の奥に稲毛三郎重成の墓があり白い花が供えられていた。墓地の中に武田信虎より甲斐東郡の采配を給ると刻まれた碑が建っていた。よほどの名を残す家柄の墓と思うが武田家中では聞かない苗字だった。稲毛重成のことよりもそちらのほうが気になったのでそのうち調べてみたいと思う。境内を出たあとは新緑に輝く桝形山へ続く坂道を登った。
小田急小田原線「向ヶ丘遊園」下車 徒歩15分
2002/12/15・2019/04/15 日本城郭大系/新人物往来社