福島城
 
別 名
所在地 神奈川県川崎市多摩区枡形
築城者 稲毛重成
築城年 建久年間(1190〜99)
廃城年 戦国時代
現 状 桝形山公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭
大手道 暗闇坂 主郭 南尾根 馬出郭
南尾根 堀切跡 飯室山出城 眺望
 
 稲毛三郎重成居館跡の廣福寺に立ち寄ったあとは桝形山へと登った。ともに久しぶりの再訪である。最寄り駅は小田急線の向ヶ丘遊園駅であるが遊園地は閉園になって久しい。小学生の頃に祖父に連れられて来たことがある。そのときにたくさんの花が咲いていた花壇のそばで写真を撮っている。祖父は僕が生まれる前に祖母と離婚していたが自宅近くで暮らしていたこともあり、小さい頃はいろいろな場所へ連れていってくれた。長生きをした人で90歳を過ぎた頃に一度会っているが背筋も伸びて壮健そのものだった。おそらくもう亡くなったと思うが、血の繋がりはあっても家を出たという負い目を感じていたようで孫の僕に負担をかけたくなかったらしい。大正生まれの東北人らしくその矜恃を貫き通した人だったと思う。桝形山城へ訪れたときにふとそんなことを思い出した。
 桝形山城は中学生の頃に買った城郭を特集した本に掲載されていたが、もうほとんど遺構は残っていないと書かれていた。鎌倉時代に稲毛重成が詰め城として築いた城なのでそれは仕方がないのだろうが、その後もこの丘はその戦略的重要性から幾度か要害として使用されてきた。永正元年(1504)に立河原の戦いに臨んだ北条早雲が桝形山城に布陣し、永禄12年(1569)には小田原城へ向けて進撃する武田信玄に備えて横山式部少輔弘成がこの城に立て籠もっている。
 廣福寺から尾根へ出る道は暗闇坂と呼ばれ当時の大手道だったらしい。尾根を歩く道は舗装されて堀切があったであろう場所は埋もれている。主郭跡は広々としており城を模したような展望台がある。平日でも家族連れや老夫婦が気持ち良さそうに過ごしていた。桜はもう葉桜となっていたが青々とした空と吹き抜ける風が心地よかった。遺構はほとんど皆無ではあるが切り立つような細い尾根は要害ぶりを伝えるには十分だった。主郭から民家園へと続く南尾根を歩いてみると堀切があった場所だけが細くくびれている様子がわかる。やがて道は再び石畳に覆われた人工的な道となり城域の終わりを示した。ここからいくつかの丘を越えて長尾陣屋へ向かった。
小田急小田原線「向ヶ丘遊園」下車 徒歩25分
2002/12/15・2019/04/15 日本城郭大系/新人物往来社
桝形山城跡案内板