福島城
 
別 名
所在地 神奈川県川崎市多摩区菅仙谷
築城者 小沢小太郎
築城年 鎌倉時代
廃城年 享禄3年(1530)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
横堀
遠景 天神坂 堀切
土塁 主郭 井戸
南郭 東郭 櫓台 堀切
 
 小沢天神山城へはじめて訪れたときは場所がわかりづらくて迷った。天神社への道標に従い何とか着いたが、その頃はただの森林としか感じられずよくわからないまま帰った。二度目は迷わずに着くことができ、城跡には石碑と案内板が設置されて少しだけわかりやすくなっていた。
 鎌倉時代に稲毛三郎重成の嫡男小沢小太郎が築いたという。稲毛氏は北条氏の罠に嵌り謀殺されて没落するが、小沢天神山城は南北朝時代に高麗経澄に焼き払われた記録が残る。享禄3年(1530)に北条氏綱と扇谷上杉氏は小沢原で戦っているが、このときの戦いで小沢天神山城も修築された可能性があるので、今に残る遺構は戦国時代初期の姿を伝えていると考えていい。堀切などを見ていると確かに室町時代から戦国時代半ばまでの城という雰囲気を感じるし、鉄砲の時代にはそぐわない印象を受ける。
 郭のかたちはとても綺麗だった。浅くなっているが堀切が残り規模は小さいが土塁も構築されている。荒々しい山城歩きというよりも里山散策という気分だったが、戦国時代の最盛期には使われなくなったと考えればそれほどがっかりもしない。訪れる人もなく自分が踏みしめる落ち葉の音だけがする城歩きはとても満ち足りた時間となった。
京王線「京王よみうりランド」下車 徒歩15分
2001/09/15・2011/12/15 日本城郭大系/新人物往来社
多摩丘陵の古城址/有峰書店新社