別 名 若神子古城・若神子大城
所在地 山梨県北杜市須玉町若神子
築城者
築城年
廃城年 天正10年(1582)
現 状 ふるさと公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物 烽火台
史跡指定 北杜市指定史跡
評 価
 新羅三郎義光ゆかりの地とされ源義清と逸見清光の居城として代々受け継がれたとされるが、実際のところ若神子城と甲斐源氏を結びつける確たる証拠は存在していない。しかしながら麓の正覚寺には源義光と義清のものと伝える墓があり、戦国時代に武田信玄が信濃へ出陣するときの陣立てを行う場所としたことから武田氏と深い関係があることは間違いないものと思う。
 天正10年(1582)に武田勝頼が滅び、織田信長が本能寺の変で斃れると甲斐は徳川家康と北条氏政の軍勢が対峙する天正壬午の乱が起きた。この戦いで北条氏直は若神子城に本陣を構えている。
若神子城 主郭跡の薬研堀 主郭跡の空堀
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 宿借石
正覚寺 源義光と義清の墓 若神子城からの眺望
 この頃は甲斐の城跡を訪ね歩くのに熱中していた。そのおかげで高尾から甲府や韮崎までなら近いと思えるようになってきた。しかし韮崎から先の長坂や日野春ぐらいになるとやはり遠く感じる。山梨県は路線バスが枯渇していて駅からの足がないために長距離を歩かねばならない。それを抜きにしても甲斐源氏発祥の地と伝わる若神子城は必ず訪れようと思っていた。
 バスは使わずに穴山駅から歩いたがうんざりするぐらい遠かった。遺構はもうほとんど残っていなかったがそれは承知の上で正覚寺や周辺の城砦と併せて楽しもうと考えていた。着いたときには天候が急変し雷が鳴り雨も落ちてきたのでかなり急ぎ足で見ることになった。発掘された薬研堀と南端の土塁と空堀を目に焼き付けて下山しているが南側は比較的旧態を保っているように感じた。
JR中央本線「韮崎」下車 山梨交通バス「増冨温泉郷」行で「若神子古城入口」下車 徒歩25分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2014/09/11