福島城
 
別 名 武田氏館・古府中館
所在地 山梨県甲府市古府中町
築城者 武田信虎
築城年 永正16年(1519)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 武田神社
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
水堀
大手 馬出 大手 虎口 中曲輪 石垣と土塁
中曲輪 天守台 西曲輪 虎口 西曲輪 土塁
西曲輪 枡形虎口 西曲輪 土橋 梅翁曲輪 水堀
 
 高校3年のときにはじめて躑躅ヶ崎館を訪れている。その魅力に魅せられてしまい、20回近く訪れている。武田家隆盛の象徴であり信虎から勝頼までの約60年に亘る居館となっている。戦国大名の居城としては珍しく鎌倉時代のような古式な居館だが、信玄は生涯を通じてこの館で暮らしている。人は石垣、人は城の言葉の重みがよく伝わる館跡である。
 甲府駅から武田通りを突き当たりまで歩くと躑躅ヶ崎館へ着く。武田神社が建設されたときの改変もあるだろうが、その威容は今も武田氏の栄華を十分感じ取ることができる。朱塗りの橋がかかる参道が大手と思われがちだが、本来の大手は東側の目立たない場所となっている。大手馬出は発掘後に整備され、家臣団の屋敷跡も発掘調査がされている。武田神社境内を中心に遺構は良く残されているが、一方で梅翁曲輪は宅地化により少しずつ遺構が消滅しつつあるのが残念なことだと思う。いつ訪れても四季折々の風情がありとても寛げる場所である。
 
JR中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で終点下車 徒歩1分
 
2004/01/03・2007/05/06・2008/12/20・2015/04/17 甲斐の山城と館/戎光祥出版
中世城郭事典/新人物往来社