別 名
所在地 山梨県笛吹市御坂町上黒駒
築城者 北条氏
築城年 天正10年(1582)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 笛吹市指定史跡
評 価
 御坂城は天正10年(1582)の武田氏滅亡後に起きた天正壬午の乱で北条氏が構築したとされるが、御坂古道の存在から武田氏が統治した時代も砦が構えられていた可能性がある。今に見られる遺構を築いたのは間違いなく北条氏であり、北条氏と徳川氏の争いのために生まれ消えた城といっても過言ではない。その存在は古くから知られていたが、遺構が確認されたのは昭和40年代というのも武田氏との関連の希薄さを感じさせる。
河口湖から見た御坂城 登山道入口 北曲輪跡の虎口
北曲輪跡の横堀 北曲輪跡の横堀 北曲輪跡の横堀
主曲輪跡 主曲輪跡の空堀 御坂峠
南曲輪跡の土塁 南曲輪跡の横堀 南曲輪跡の横堀
南曲輪跡の横堀 南曲輪跡の堀切 南曲輪跡の土橋
南曲輪跡の堀切と土橋 南曲輪跡の土塁 天下茶屋から見た富士山
 中世山城に興味を持つようになってから御坂城はいつか必ず登らねばならないと考えるようになった。標高の高さも難関だがいちばんの問題は交通の便が悪いことだった。河口湖駅から天下茶屋行きのバスはあるが下山をする時間帯にはバスがまったくない。登山者のことを何も考えていないような時刻表にはとても疑問を感じた。
 それでも二度ほど天下茶屋から御坂城を目指したが、アップダウンのきつい尾根歩きが苦痛で挫折していた。せっかく登ってもすぐに下るという繰り返しは体力よりも精神力を失わせる。自宅から河口湖までを往復する交通費も馬鹿にならないのであきらめようかとも考えたが、やはりその魅力には抗えず三度目の正直で登頂に成功した。その日は天下茶屋までは行かず正攻法で御坂路を登った。ひたすら山頂を目指して高度を上げていくほうが気楽であり多少荒れているが九十九折れの山道はそれほど険しさを感じるほどではなかった。
 登山開始からちょうど1時間半で御坂峠へ着いた。標高1575mと比高差600mを踏破した充実感はそれまでに感じたことがない爽快な気持ちだった。尾根に展開する遺構は見事で北条氏の傑作とされる静岡県三島市の山中城が孤高の峰に乗っかっている感じである。虎口も手抜かりなく堅固に構築されているし、南北に伸びる横堀が見事だと思った。おそらく誰も攻め込むことのない高山によくこれだけの城を築いたものだと思う。二度と来ることはないと思い北東の尾根から南西の尾根までを丹念に見て歩く。いつもは要所だけ見て残りは流す程度だが滅多なことでは来られない山城なので自分にしてはかなり時間をかけて歩いた。大げさでなく関東在住で山城を愛する人なら一度は見ておくべき城だと思う。
富士急行「河口湖」下車 富士急バス「甲府駅」行で「三ツ峠入口」下車 徒歩1時間30分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2016/12/20