別 名 舞鶴城・一条小山城・赤甲城
所在地 山梨県甲府市丸の内
築城者 徳川家康
築城年 天正13年(1585)
廃城年 明治6年(1873)
現 状 舞鶴城公園
遺 構 郭・石垣・水堀
移築建造物 石垣
再建建造物 櫓・門
史跡指定 山梨県指定史跡
評 価
 古くは甲斐源氏一門の一条氏が館を構え一条小山と呼ばれていた。鎌倉幕府の粛清により一条氏が誅殺されてから長く荒れ果てていた一条小山に武田信虎が躑躅ヶ崎館の支城を築いた。天正10年(1582)に武田氏が滅ぶと徳川家康が甲斐統治のために一条小山城を本格的に改修しようとしたが、完成を見ぬまま豊臣秀吉が天下人となり羽柴秀勝と加藤光泰が城主となるがいずれも短命で終わり、浅野幸長も入封して間もなく朝鮮出兵に駆り出されているために甲府城が完成したのは徳川義直の時代になってからだと思われる。江戸時代は徳川忠長や柳沢吉保という大物が城主を務めたが、甲州街道の最大の要衝ということもあり江戸時代の大半を通じて天領支配が行なわれている。
甲府城 鍛冶曲輪跡の石垣と水堀 内松陰門
坂下門跡 中ノ御門跡 鉄門
本丸跡の石垣 天守曲輪跡 天守台の石垣
稲荷曲輪跡 稲荷櫓 山手御門
 はじめて甲府城へ訪れたのは高校生の頃だった。武田氏全盛の居館だった躑躅ヶ崎館が目当てで甲府城は二の次という扱いだったが、石垣を目の当たりにしたときは見惚れてしまった。それからは甲府駅で降りる度に甲府城へ立ち寄っている。なぜかこの城に訪れるときは雨ばかりで青々とした空を背景に石垣や櫓の写真を撮影してみたいものだと思っていたが、南部町へ訪れるときに余った時間を利用して念願の晴れた甲府城を撮影することができた。
 昔は荒々しい石垣だけが残っていたが山手御門と稲荷櫓が復元されて見どころが増えた。本丸の天守台は東国では珍しいほどの高石垣だが甲府城には天守は上がらなかったという。発掘で金箔瓦が出土していることから羽柴秀勝時代に天守が築かれた可能性を残しているが、それが証明されるには今後の研究を待たねばならない。一二三段と呼ばれる本丸の石垣が織りなす景観もまた見事で白い土塀と水堀とともに甲府城の魅力を形成している。せっかく往時の姿が甦りつつあるのに残念なのは城跡の景観を台無しにするような場所に高層住宅が建設されたことだった。建設前に反対運動は起きなかったのだろうか。個人的には城下町に高層建築を建てるのは慎むべきだと思っている。
JR中央本線・身延線「甲府」下車 徒歩5分
城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
2007/05/06・2016/10/29