福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市古府中町
築城者 小山田信茂
築城年 戦国時代
廃城年 天正10年(1582)
現 状 駐在所
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 小山田氏は坂東八平氏の末裔で東京都町田市が発祥の地である。山県昌景をして文武相調いたる人物と評された小山田信茂は病弱の兄弥三郎に代わり家督を継承し武田信玄に重用された。川中島の戦いで初陣を果たしてからは各地に従軍し戦功を挙げている。
 武田氏の全盛時代を支えた名将だったが、土壇場で武田勝頼を見限り織田軍に投降したが捕えられ斬首された。この最後の行いによって悪役として描かれているが、苦渋の決断で領民を戦火から守る道を選んだのは勇気ある行動だと思う。縁あって小山田氏現当主の方とお会いする機会があったが、その汚名をぜひ晴らしたいと語られていたのが印象に残る。微力ながら自分も応援したい。
 
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「積翠寺」行で「塚原入口」下車 徒歩1分
 
2008/12/20・2015/04/17 武田二十四将伝/新人物往来社