別 名 武田氏館・古府中館
所在地 山梨県甲府市古府中町
築城者 武田信虎
築城年 永正16年(1519)
廃城年 慶長5年(1600)
現 状 武田神社
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 武田氏は清和源氏の末裔で甲斐国の守護を長く務めた名門だが、その歴史は順風満帆なものではなく鎌倉時代の甲斐源氏一門に対する粛清に苦難は始まり、上杉禅秀の乱では当主の武田信満が自害に追い込まれ、その後も国人衆たちとの抗争に明け暮れた歴史でもあった。居館も歴代当主ごとに異なる場所に築かれており笛吹川の水害に絶えず悩まされてきた。同族との激しい争いが続く中で武田信虎が登場しようやく甲斐は統一されることになる。
 信虎は川田館を廃し永正16年(1519)に古府中に躑躅ヶ崎館を築いた。信虎を追放して家督を継いだ信玄の時代に武田氏は全盛期を迎え版図は東海地方や関東地方にまで拡がった。信玄が病没すると急速に武田氏は衰え始め長篠の戦いで織田信長と徳川家康の連合軍に敗れて以降は国人衆のみならず一門衆までが離反し、天正9年(1581)に武田勝頼が新府城を築いたことで躑躅ヶ崎館と武田氏の歴史は終わりを告げた。勝頼が滅んだ後は徳川家康の軍勢が進駐し豊臣政権下においても石垣による天守台が構築されるなどして存続していたが、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで徳川家に味方した浅野幸長が和歌山城へ転封され躑躅ヶ崎館は廃城となった。
武田神社 水堀 大手馬出跡
大手虎口跡 中曲輪跡の土塁 中曲輪跡の天守台土塁
中曲輪跡の井戸 中曲輪跡の土塁 中曲輪跡の水堀
西曲輪跡の虎口 西曲輪跡 西曲輪跡の桝形虎口
西曲輪跡の空堀 味噌曲輪跡 梅翁曲輪跡の水堀
 高校3年のときにはじめて躑躅ヶ崎館を訪れている。以来その雰囲気に魅了されて20回近くは訪れている。武田家隆盛の象徴であり信虎から勝頼までの約60年に亘る居館となった躑躅ヶ崎館は戦国大名の居城としては珍しい鎌倉時代のような古式な居館だが信玄は生涯を通じてこの館で暮らしている。信玄の言葉通り「人は石垣、人は城」の言葉の重みがよく伝わる館跡だと思う。
 甲府駅から武田通りを突き当たりまで歩くと躑躅ヶ崎館へ着く。武田神社が建設されたときの改変もあるだろうがその威容は今も武田氏の栄華を十分感じ取ることができる。朱塗りの橋がかかる参道が大手と思われがちだが本来の大手は東側の目立たない場所に残っている。大手馬出は発掘後に整備され家臣団の屋敷跡も発掘調査がされている。武田神社境内を中心に遺構は良く残されているが一方で梅翁曲輪は宅地化により少しずつ遺構が消滅しつつあるのが残念なことだと思う。いつ訪れても四季折々の風情がありとても寛げる場所である。
JR中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で終点下車 徒歩1分
甲斐の山城と館/戎光祥出版・中世城郭事典/新人物往来社
2004/01/03・2007/05/06・2008/12/20・2015/04/17