別 名 石水寺丸山城
所在地 山梨県甲府市上積翠寺町
築城者 武田信虎
築城年 永正17年(1520)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 甲斐国内を統一した武田信虎は水害に悩まされた川田館から躑躅ヶ崎館を築いて移り住んだが反抗的な動きを見せる国人衆も多く、不安定な情勢を好機と見た駿河の今川氏が甲斐へ侵攻し領内を荒らし回った。信虎は身重の夫人を躑躅ヶ崎館から積翠寺へと逃がしたが嫡男の太郎晴信は要害山城で誕生したともいう。このような経緯から要害山城は信虎の古府中移転の頃に築かれたとされ当時の記録でもそれは裏付けられている。晴信はやがて武田信玄として中部日本を席捲することになるが、そうなると要害山城は詰め城としての役割は薄れたことだろう。
 信玄が没すると少しずつ武田氏の威勢は衰え始め勝頼の晩年はまるで坂道から転げ落ちるかのようになった。勝頼は古府中を捨て要害山城にも頼ることなく新府城を築いたが、ここもすぐに引き払い逃亡先の天目山で滅んだ。天正壬午の乱で甲府は徳川家康の軍勢が駐屯したが、このときに要害山城は改修されている。やがて豊臣秀吉が天下を奪ったあとも加藤氏によって管理され浅野氏の時代に廃城となったらしい。
要害山城 積翠寺 竪土塁
虎口 虎口 不動曲輪跡
虎口の石積み 虎口 主郭跡
武田信玄誕生地の碑 主郭跡の土塁 主郭跡の土塁
竪堀 石積み 堀切
 躑躅ヶ崎館はいつも多くの人で賑わっているが要害山城まで訪れる人はぐっと少なくなる。それでも軽い登山を楽しむハイカーとはいつも必ずすれ違う。年齢を問わず無理なく登れる山であり道も整備されているので地元でも要害山へ登ることを日課としている人もいるらしい。丸いお椀を伏せたような山に見えるが実際に登ってみるとかなり奥行きのある山であることがわかる。
 この城には3回登っているが、いつも敬虔な気持ちにさせてくれる。中でも虎口の厳重さが好きで訪れる度に感動を覚えていた。普段は主郭とその背後の堀切を見て帰るのだが、年末に友人と訪れたときは尾根を縦走し熊城まで歩いてみた。このときはのことはよく覚えていてこれでもかと続く尾根の堀切と竪堀をじっくりと楽しんだ。さすがは甲斐守護の詰め城と言うべきではじめて訪れたときに山頂の広い主郭が広がる光景に驚かされた。小さな郭が点在するだけの山城だろうと思っていたがそれぞれの郭は想像していたよりもずっと広い。主郭には武田信玄誕生地の碑が建つが麓の積翠寺にも同じ碑がある。もう訪ねることもないだろうが要害山の厳かな佇まいはいつまでも忘れることがない。
中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「積翠寺」行で終点下車 徒歩45分
中世城郭事典/新人物往来社・戦国武田の城/有峰書店新社
2004/01/03・2008/12/20