別 名
所在地 山梨県甲府市上積翠寺町
築城者 武田氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 熊城の歴史はわからないが武田信虎が要害山城を築いた頃に築かれた城だと思う。要害山城の隠れ城のような感じで尾根伝いに繋がっており、さらに尾根をたどれば岩堂峠を越えて兜山から塩山方面へ至る。信虎が最悪の場合を想像して築いたかどうかはわからないが、今川氏に眼前まで蹂躪された苦渋が熊城を築かせたのではないかと感じられる。石積については躑躅ヶ崎館や要害山城と同じく徳川氏が甲斐を手に入れた時代の遺構とされているが、家康が甲斐を支配したのは8年足らずであり、その間も信濃への出兵や羽柴秀吉との対峙があり甲斐国内の城普請は甲府城の築城で手一杯だったのではないかと思われ、熊城の遺構は武田氏時代のものではないかと自分は考えている。
熊城 尾根から城域へ 堀切
主郭跡 主郭跡の土塁 主郭跡の石積み
二の郭跡の土塁 二の郭跡の石積み 連続竪堀
堀切 堀切 熊城からの眺望
 20代の頃にはじめて要害山城へ登った。熊城のことは知っていて要害山城からもはっきりと熊城の堀切が見えたが、名前の通りで熊が暮らしている山で単独では怖くて行けないでいた。年末に友人と要害山城へ訪れたときに熊城まで縦走することができた。尾根に残る遺構を存分に楽しみながらの楽しい山歩きだった。
 12月の澄み切った空と突き刺すような冷たい空気がたまらなかった。要害山城からいくつかの分岐があるが右へ右へと進めば熊城へと着く。はじめて訪れる山城は緊張感があるし自分がどこにいるのかわからない怖さもあるが、最初の堀切に出会ったときは感動した。大きな堀切だったが、その向こうにはさらに大きな堀切が待っていた。あまりの素晴らしさに思わず見惚れてしまい堀切を下りるときに転がり落ちてしまった。堀底に転がり落ちたおかげで怪我はなかったがカメラのレンズキャップを紛失したことを覚えている。主郭の石積を見て大喜びし斜面を恐る恐る下りて連続竪堀を見つけてまた喜んだ。麓に近づくと石切場があったが熊城との関係はわからない。あまり訪れる人もいないと思うが要害山城に負けず劣らずの見事な山城だと思う。
中央本線・身延線「甲府」下車 山梨交通バス「積翠寺」行で終点下車 徒歩1時間30分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2008/12/20