福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市大手
築城者 馬場信春
築城年 戦国時代
廃城年 天正3年(1575)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 護国神社入口の交差点付近に一国の太守の器量人と称された馬場信春屋敷の標柱がある。若き日は教来石民部少輔景政と名乗るが、武田信玄の計らいで名跡の絶えていた馬場氏を継ぎ馬場美濃守信房と名乗り、後に信春と改名している。
 武田氏が駿河へ侵攻したときに晴信は今川館の宝物を奪い取るよう命じたが、信春は「宝物を奪い取ったとあらば、後の世に物笑いの種になるから燃やしてしまえ」と部下に命じている。それを聞いた信玄は怒りもせずに「あいつの言う通りだ。財宝を奪ったとなれば末代までの恥となろう」と苦笑いしたという。二人の度量の大きさを感じさせる好きな逸話である。
 
JR中央本線「甲府」下車 山梨交通バス「武田神社」行で「護国神社入口」下車 徒歩1分
 
2007/05/06・2015/04/17 武田二十四将伝/新人物往来社