別 名
所在地 山梨県大月市賑岡町岩殿
築城者 小山田信有
築城年 戦国時代
廃城年 文禄年間(1592〜95)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 山梨県指定史跡
評 価
 岩殿城は戦国時代に小山田氏の居城として築かれたとされているが、小山田氏の本拠は都留なので岩殿城はもう少し古い時代に武田氏直轄の城として築かれたという説もある。少なくとも武田信玄と勝頼の時代は小山田信茂の支配下に置かれ、甲相国境を守る要の城として君臨していた。
 天正10年(1582)に織田軍が甲斐に迫ると武田勝頼は新府城に火をかけて郡内を目指した。おそらく新府城での最後の軍議が行なわれたときに真田昌幸が岩櫃城へ退去することを薦めた。大勢はこれで決したかと思われたが小山田信茂が信用できない真田よりも譜代である自分の城へと進言した。一族の裏切りが相次ぎ疑心暗鬼となっていた勝頼にこの言葉は響いたようで十中八九決まりかけていた岩櫃城への移転をとりやめ岩殿城へ移ることを決心させた。郡内の小山田領へ差し掛かったときに関所の門が閉ざされ矢が射かけられたことで勝頼は小山田の裏切りを知った。これが巷説で知られる武田勝頼の悲劇だが実際はどうであったろうか。
岩殿城 番所跡 馬屋跡
馬場跡 二の郭跡 井戸跡
蔵屋敷跡 主郭跡 主郭烽火台跡
東尾根の堀切 東尾根の堀切 岩殿城からの眺望
 中央本線の車窓から岩殿山を眺めたときに果たして登ることができるのだろうかと思った。剥き出しの岩盤は人を寄せつけぬように屹立し登山道入口に立つと岩山が覆い被さってくるような気持ちになるがそれは昔も今も変わらない。中腹に公園があり二重櫓を模した資料館がある。ここへ来ただけで引き返そうかと思ったぐらいだが覚悟を決めて登り始めればそれほど苦労することなく山頂へ着く。登山道は整備されていて登りやすい。
 山頂近くに巨岩を利用した揚城戸と呼ばれる門跡があり鎌倉の切通しのような景観を成している。揚城戸から山頂の尾根に出ると東西に伸びる尾根上に馬屋跡や馬場跡が並ぶ。峻険な山の上に馬がいたのか疑問に思うが往時は東が大手だったので馬も登れたのだろう。二の郭から見下ろす景色は素晴らしいが主郭は放送局のアンテナ基地となり味気ない。主郭から奥へ進むと堀切が2つあり山城では見逃せない遺構である。馬場から下りると井戸が並んでいるが今も清冽な水を湛えていたのが印象的だった。知名度の高さとに反して遺構はそれほどでもないが本格的な山城歩きを満喫できる城跡だと思う。
JR中央本線・富士急行「大月」下車 徒歩1時間
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2007/09/23・2011/10/25