別 名 御前平烽火台・天神山砦
所在地 山梨県大月市七保町駒宮
築城者 小山田氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小山田氏が領土の北を守るために築いた砦でここより北は同じ武田氏の家臣小菅氏の領地となる。戦略的な重要性を考慮すると駒宮砦から小菅城の間にもまだまだ人知れず眠っている城砦があると思える。北条氏に備えて国境を守った領主たちの城は最前線の緊張感が感じられてどれも好きになった。
駒宮城 三の郭跡 堀切
主郭跡の土塁 主郭跡の虎口 堀切
二の郭跡の横堀 二の郭跡の堀切 二の郭跡の礫石
 駒宮砦はかなり奥まった場所にあるために訪れる機会がなかったが友人から遺構がとても見やすいと聞いて見てみたくなった。猿橋駅に着いたときはまだ空は真っ暗で師走の山梨だからとても寒い。防寒対策は万全だったが凍った路面に足を取られたのは計算外だった。
 天神峠の道標に従い山道へ入るのだが集落自体が山の中腹にあるため道標から天神峠へは10分ほどで着く。峠は権現山と麻生山への分岐となるが道標が何も示さない尾根へと進む。熊除けの鈴を装着して峠から尾根を歩くとすぐに東端の堀切があった。主郭には土塁が残り誰のものかわからない墓があった。二の郭は藪となっているが郭の中央に一段高くなった場所があり、そこから土塁が伸びる面白いかたちだった。この郭の南西に小さな囲郭があるが土塁に投石用と思われる礫石が転がり400年以上も昔の緊張状態を今に伝えている。
JR中央本線「猿橋」下車 富士急山梨バス「竹の向」行で「富岡」下車 徒歩40分
甲斐の山城と館/戎光祥出版
2014/12/05