福島城
 
別 名
所在地 山梨県甲府市大手
築城者 山県昌景
築城年 戦国時代
廃城年 天正3年(1575)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 臨終に際した武田信玄が瀬田に旗をたてよと言い残したのが山県昌景だった。武田二十四将の中でもいちばん有名な武将だと思う。兄は飯富虎昌で弟の昌景は名門山県氏を継いだ。虎昌が自害してからは赤備えを引き継いでいる。黒澤明の名作影武者で大滝秀治が演じた昌景の印象が強く刷り込まれている。
 その屋敷跡は路地へ入ったわかりづらい場所だった。北東中学校の北西だが文章にすると余計にわかりづらい。好きな武将なので標柱を見つけたときはやはり嬉しかった。風林火山の旗を体現したような武将という印象がとても強い。
 
JR中央本線・身延線「甲府」下車 徒歩30分
 
2015/04/17 武田二十四将伝/新人物往来社